選手の成長タイプの変更 Edit

サカつく6では、成長のピークが早い選手が多かった。
が、サカつく7では見直され、現在活躍するような有力選手達は成長タイプがやや持続型~晩成型へと変更されている。
これにより、お気に入り選手の獲得、育成が楽しめるように配慮された。

また、普通型の成長パターンが若干変化し、ピークが長くなっている。

フリー移籍 Edit

  • フリー移籍」とは、契約年数がそのシーズンで切れる選手について、移籍金0円で獲得できる新システム。
    移籍金がかからないというお得な面がある分、他クラブとの競合が発生するため、駆け引きも重要になる。
  • 12月1週に発生。
    フリー移籍をする選手がスカウトからリストアップされる。
    リストアップは「国内選手」「国外選手」「アマチュア選手」の3種。
  • フリー移籍対象選手との交渉では最大で4回の交渉チャンスがあり、交渉で年俸の額の決定をする。
    選手側が提示した額が不満であれば、次回に持ち越し。
    次回には選手側も希望金額を下げてくれる場合もあるが、他クラブと競合しているときは注意が必要。(他クラブと合意してしまうため)
    そのため、他クラブに獲られてしまう場合にはある程度の金額を出した方がよい。
    逆に、単独交渉の場合は思い切って値切るのも手。

フリー移籍の流れ Edit

  1. 前半:オファーを出す選手を決定。
  2. 後半オファーを出した選手と交渉(競合チームがある場合、経過を秘書が教えてくれる「この時競合クラブと契約してしまうと獲得失敗となる」)
    (以後4週目まで繰り返し)

移籍オファー指定 Edit

  • 「移籍オファー指定」とは、自クラブの選手を任意に移籍させることができる新システム。
    選手ごとに他クラブからの移籍オファーを受け付けるかどうかを設定することができる。
    移籍を受け付ける場合は移籍金を設定すれば、その金額以下のオファーは届かなくなる。
  • 前作「サカつく6」ではプレイヤー自らが所属選手を「移籍リストに載せる」ということはできなかったため
    (COMクラブからのオファー待ちのみ)、選手を移籍させることで収入を得る、というプレイスタイルも『サカつく7』では可能になっている。
  • 選手リストから選手それぞれに対し、「移籍オファー」の設定が可能。
    「移籍オファー受付」にすると、選手の移籍金を設定することができ、ここで設定した移籍金以下のオファーは届かなくなる。
    ただし、移籍オファー受付状態にしたまま放っておくと、その選手の忠誠度が下がってしまう場合もあるので注意が必要。
  • 逆に「移籍オファー拒否」にすると、その選手に対する移籍オファーは来なくなる。
    自クラブで放出する気のない主力選手や、期待の若手の場合「拒否」にしておくといいだろう。
Last-modified:
Founded by サカつく7攻略Wiki